FAXDMによる法人名簿へのFAXDM一斉送信なら株式会社マーケットリサーチへ

FAXDMのメリット

FAXDMのメリット

■業種・地域・売上高・従業員数で絞り込み可能です。
■開封率100%です。
■郵便DM(ダイレクトメール)よりも低コストです。
■電話セールスより手間要らずです。
■Eメールより見てもらえます。
■ホームページより見てもらえます。
■チラシよりも見てもらえます。
■低価でテストマーケティングが出来ます。
■レスポンスが速いです。
■相手先への到達時間が速く、1万枚でも15分ほどでFAX一斉送信されます。
■営業マンいらずで経費削減が可能です。
■お客様にやさしい新規顧客開拓手法です。
■既存客にも効果的です。
■FAX返信により24時間受付可能です。

FAXDMの活用例

■各業界のフランチャイズ本部の加盟店募集。
■商社・建材メーカーが取扱店募集。
■OA機器販売会社のトナーやコピー用紙を販売。
■人材派遣会社による派遣先の新規顧客開拓。
■生命保険会社による法人向け保険のご案内。
■コンサルティング会社によるセミナーの集客。
■法律事務所による法律相談セミナーの集客。
■社会保険労務士による助成金活用セミナーの集客。
■NPO法人による啓蒙セミナーのご案内。
■マスコミに向けプレスリリースにFAXDMを活用。
■通信販売会社様による会員向け特別販売のご案内。
■不動産業者間での物件情報の配信。
■飲食店による既存顧客へのご案内。
■広告代理店の広告媒体の一つとして。
■会報の定期配信。

FAXDMとは?

FAXDMとは、主に企業に向けてDM(ダイレクトメール)をFAXで送信するスタイルの宣伝広告方法です。
FAXDMは、郵送DMやEメールDMとは異なり、初めから開封された状態で顧客に届くので、実際に見てもらえる率はほぼ100%です。
したがって、FAXDMとは、レスポンス率も高く、費用対効果がきわめて高いツールといえます。
また、原稿1枚という手軽さのため、原稿作成も短時間ででき、タイムリーにスピーディーに情報を届けることができ、さらに送信原稿に宛名を個別に印字できます。

FAXDMは、通常のダイレクメール広告に比べて、コストが安い、見られる率が高い、時間的なラグが発生しにくいといった利点を持っていることから、米国などで割合ポピュラーな宣伝広告方法として定着しています。
大体の場合、FAXDMを専門業務とする広告企業に自社の広告原稿を送信依頼するという形になります。料金としては送信1部あたりの単価に総件数を掛けたものに、法人名簿レンタル費などが加算されて計算されます。このため、ごく小規模な範囲から、大規模な範囲に送信することまで対応できるというメリットも有しています。

依頼原稿は、自社制作の原稿を持ち込んで発信依頼する他、FAXDM企業が原稿作成自体を請け負うパターンも有ります。ワードファイルであるとか、PDFであるとか、JPGやAIファイルといった一般的な文書・描画・画像ファイル形式であれば、大体の物に対応してくれる所が多いようです。
逆に、FAX送信を自社で行いたいが、送信先がわからないという場合に対応して、送信先企業名簿・法人名簿のみをレンタルしてくれる例もあり、基本的に内部製作することでコストを抑えたいときなどに有効です。
FAXという性質上、「送ってこないでほしい」とクレームをしてくることもありますが、逆に言えば、こうしたクレーム対応をしなくてはならないことが唯一のデメリットで、他の営業ツールより費用対効果は高いと言えます。

FAXDMという媒体の最大の特徴は、「捕捉率100%」です。 FAXDMの捕捉率100%とは、決定権者に電話が繋がる可能性のことです。 FAXDMを返信した決定権者は、ほぼ100%事務所に居るでしょう。 そして、電話を掛けると、ほぼ100%電話に出てくれます。
次に、FAXDMを返信した時が、あなたの商材の興味のピークなのです。 そして、捕捉率100%で、決定権者と電話が出来るのです。 見込み客の興味がピークの時に、お話出来るのはFAXDMのみです。 だから、成約率が高まるのです。

FAX同報のテスト

インターネットで顧客獲得のために一人あたりにかけるコストは今現在の平均はなんと2万円です。情報が溢れすぎている現状では当然です。むしろ今後ももっと増えると私は予想しています。準アナログのFAX同報での集客力が見直され始めています。コスト削減のための一つの手段としてお勧めします。

ただし、FAXDMは万能ではありません。過信は禁物です。どんな広告もテストは必ず必要です。

おすすめは、
3000枚送信するなら、1000枚ずつ3つの原稿で。

3つの原稿を作成する時間や手間が無いのなら、
1500枚ずつ2つの原稿で送信してみるのがいいでしょう。

FAXDMがいくら費用対効果が高いからといってもあくまでも広告の手段の一つです。

思いもかけないような効果があがるときもあれば、全く効果が出ないときもあります。原稿はかなり大切です。しかし、やってみないとわからない面もあります。テストは非常に大切なのです。

迷ったときはいつでもご相談下さい。

FAXDM料金

基本料金       0円
送信料金      8円(税込8.4円)/枚
名簿料金     10円(税込10.5円)/枚
名簿はFAXDM送信後お渡し致します。
最低送信件数は500件です。ただし、500件未満の送信も500件の料金で承ります。

送信時間指定料   0円
原稿宛名印字料   0円
データ持込料     0円
リスト削除料      0円

合計 @18円(税込18.9円)になります。
他社の多くのFAXDM送信会社のように追加料金などございませんのでこの金額のみでFAXDM一斉送信が完了します。FAX送信後、送信先データをお渡しいたします。また、月額利用料などのシステムもございませんので安心してご利用くださいませ。

※弊社のFAXサービスは、すべて「ファインモード送信」です。

お申し込み
お問合せもこちらにお願いします。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional