FAXDMによる法人名簿へのFAXDM一斉送信なら株式会社マーケットリサーチへ

howto

FAXDMとは

FAXDMといえば、馴染みのある言葉だと思います。

インターネットが普及した事によりFAXDMを使用したダイレクトメールが少なくなりました。
しかし、FAXDMは費用対策として非常に優れている事が分かっています。

営業方法としてだけではなく、インターネットの個人情報流出なども問題が深刻化しており、
現在FAXDMが見直されるようになってきています。

郵送DMの場合には、開封されずに破棄される可能性が高く、
確実にダイレクトメールの内容を見てもらえるかはわかりませんが、
開封された場合は、呼んでもらえる可能性が高い営業方法です。

インターネットが普及してメールでの営業が増えていますが、
件名の内容などからの判断のみで
迷惑メールとして開封されないダイレクトメールが圧倒的に多いです。

その点、FAXDMの場合、原稿そのものが届くので開封する必要がなく
未読のまま破棄される可能性は極端に低い営業方法と言えます。

電話セールスの様な手間や時間もお互に必要がない点もFAXDMの特徴と言えます。
いち早く、案内などを知らせたい相手に教えることが可能な営業方法です。

ダイレクトメールを作成する方にとっても、FAX用紙1枚なので時間短縮にもなります。

商品の紹介やセミナーの集客・案内や定期配信など
活用方法は数多く、営業マンに左右されることもなく効率の良い営業です。

FAXDMと郵送DMの違い

ダイレクトメール(DM)には、2種類の方法があります。

一つは、郵送DMで昔から人気がある広告方法になります。
2つ目がFAXDMです。

これはFAXをつかったDMで今非常に人気が高くなってきている
ダイレクトメール方法になります。

どちらもDMとしての役割は同じですがFAXDMと郵送DMの違いとして、
コスト面があげられます。
郵送DMの場合は、どうしてもコスト面が高くなってしまうデメリットが出てきます。
しかし、情報量の多い場合には有利な方法でカラーを使用したDMが行えるので
視覚に効果的と言えます。

郵送DMでは、からログなどの雑誌類でもDMとして郵送することが可能ですので、
より多くの情報や商品などの紹介に最適なDMと言えます。

郵送DMは全ての企業に対してリストをそろえることが出来るという
メリットは非常に高いと言えます。

郵送方式などで封筒にサンプルやプレゼントを入れることで
開封されやすくなります。

FAXDMの場合、低コストでスピーディーに情報を知らせることが出来ます。
FAX原稿が1枚できあがれば、即FAXDMを流すことができますので
いち早く、情報を提供することが出来ます。

郵送は、開封が必要になりますがFAXは届いた時には、
開封されている状態なので確実に中身を見てもらえると言うメリットがあります。

FAXDMメリット

FAXDMにおいてのメリットといえば、一番にあげられるのが開封率だと言えます。

郵送DMやEメールDMとは違い、最初から開封状態で届くのがFAXDMの特徴であり一番のメリットと言えます。

企業ではFAXは当たり前の機材でFAXが届いていないかは、社員が必ずチェックしています。

FAXが届いているのに内容を確認することなく破棄する事は100%ありません。
確実に社員に届き早いい反応が期待できます。

またFAXDMは、他のDMと比べてコスト面も非常に安く済みます。
郵送DMに比べると10分の1位のコストになりますので効率的に情報提供することが可能です。

郵送DMを出すには、デザイン制作から始まり発送するまでに、色々な経費を使うことになります。

郵送DMのような、デザイン制作や印刷・封筒・発送などの手間が無い分、FAXDMは、即思いついた時に作成して当日情報を提供することが可能なので
ビジネスチャンスを逃さないというメリットもあります。

郵送やEメールDMは、開封しないまま破棄される可能性も高く保存率は非常に少ないと言えますがFAXDMは紙なので保存率が良く広告メインではなく、情報配信やコンテンツものなどの定期配信などの使い方も効果的で問い合わせを増やす事が出来ると思います。

FAXDM可能な企業名簿は、個人情報保護法にも抵触しません。

FAXDMの効果的な使い方

FAXDMの効果的な使い方は、数多くあると言えます。

FAXDMは一括送信が可能なので、時間を有効活用することが出来てタイミングを考えて送ることで効率的な効果が期待できると言えます。

会社からFAXDMを送る場合、順次同報方法になりますので送信件数が多くなればなるほど作業にかかる時間もかかります。

時間帯などの配慮や再送信などの手間もあるのでかなり大変な作業と言うことがわかります。

営業手段としてもFAXDMは、非常に効果的な使い方が出来ます。

電話や営業マンの直接訪問は広告情報宣伝の一般的な方法でした。
しかし、電話も直接訪問も断られる事も多く新規顧客獲得は非常に難しいと言えます。

それに比べて、FAXDMは電話代や人件費よりはるかに安く最初から開封した状態で届くので、広告情報宣伝として高い効果が得られます。

相手の時間や状況に関係なく、余裕のある時間にFAXを見ることが出来るので情報をしかりと宣伝することが出来て興味あるものにたいしてのレスポンスも非常に早いので優秀と言えます。

FAXDMの場合、宛先などを「○○担当者様」などといった代表で送ることができます。

担当者が変わってもFAX番号は同じなので新しい担当者に情報を送ることが出来ます。
宛名を工夫することで、確実に担当者や責任者に届けることが出来ます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional